@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

雑談用ブログです。 レポート等は shogi.pw (ゆるく将棋三段を目指す) で継続します。

第76期名人戦七番勝負 第一局 椿山荘 #大盤解説会に行ってきた

2018年4月11日(水)、12日(木) 東京 ホテル椿山荘
遂に第76期名人戦が始まる。
例年よりも温暖な3月は早くに桜を咲かせ葉桜へと姿を変え、4月の東京は初夏とも思わせる気候が続いていた。
波乱というべきか、順当というべきか、名人への挑戦権は羽生竜王が手にしていた。目まぐるしく時が進んだ2017年度の将棋界は、永世七冠、国民栄誉賞、藤井六段(四段、五段)の台頭、タイトルの遷移、A級順位戦とプレーオフ、と私たち将棋ファンを飽きさせることがなかった。この嵐ともいうべき1年の最後に、第4コーナーを大外からぶっちぎってきたのが羽生竜王である。その恐るべき馬脚は48歳にして衰えず、むしろ力強くさえなっている。自然の摂理が働かない異世界の住人か。
迎え撃つ佐藤天彦名人は、より一層個性が際立つ1年だったように思われる。数々のメディアでの露出で、違った側面から将棋にスポットライトを当てさせていた。昨年は稲葉八段の挑戦を退け、名人の座をしっかりと自分のものとしている。まずは三連覇、そして五連覇での永世位獲得という野心も無くしてはいないだろう。

目白駅からバスに乗り椿山荘に向かう最中、3月の浮月楼での出来事を思い返していた。静かに興奮した最終局一斉対局での深夜の決着。あれから1か月ほどが経過している。振り返りたくなる3月。濃厚で脂っこい3月。

大盤解説会場は、ホテル椿山荘 1F ギャラクシー。
その名にふさわしく UFO のような巨大シャンデリアが私たちを出迎えてくれる。

今年は大盤ではなく、PC とプロジェクターによる解説会で後ろの席からは見やすいかもしれない。


解説は戸辺七段、聞き手は甲斐女流五段である。
女流五段という肩書は、改めて聞くと厳かだ。
戸辺七段は終始、軽快に、時折色々なエピソードを交えて話を進めてくれ、手の進みが遅い初日も大いに楽しむことができた。
甲斐女流は、詰めろ・詰みの見え方が本当に早く、戸辺七段との息もぴったりで、清々しい気持ちにさせてくれる。

戦型は大方の事前の予想通り、「横歩取り」となり、初日は激しいながらもスローペース。
たぶん、戸辺七段、甲斐女流共に横歩取りは公式戦では指さないであろうながらも、近年の傾向や昨今の対局情報なども加えながら、分かりやすく解説がなされる。


初日には立会人の森九段も解説会場に来て、自身のアマチュアの頃のエピソードを話してくださった。長身でスマートな森九段はカッコいい。古い映像で見た名人に挑戦する端正な若者の影は、いまだに残っていると感じる。どこか生意気で鋭さがあり、でも押しつけがましくない。若輩の私が言うのも失礼かもしれないが。

二日目に入り、一手一手が慎重に指され、形勢判断がどんどん難しくなっていく。
副立会人の阿久津八段、大石七段、ゲストで伊藤五段、渡辺棋王、広瀬八段など、錚々たる棋士が解説を進める。揺れ動く判断。何度も口から出る「難解」という言葉。もうアマチュアには理解できない領域の将棋は、最高峰たる名人戦に相応しい大熱戦となっている。

副立会の二人

「近所なので来ました」と言う伊藤真吾五段

順位戦では色々あったが、本解説会では絶口調の渡辺棋王。

再びの A級となる阿久津八段。

「伊藤五段は詰将棋選手権12位ですが、私は5位です」と笑いを誘う広瀬八段。

形勢は揺れ動き、一時は後手にも振れたと思われるものの、ここでの解説会では終始、先手良しのスタンスで解説が進められていたように感じる。それだけ羽生竜王の信頼が絶大ということであろう。

変化が多く、じっくりと進む将棋。
解説会場では対局場の音声が入ってこないため、指し手が進むと観客から声が上がる。300人以上の来客で膨れ上がった会場の熱気と呼応するように解説が進む。まるでコンテンポラリージャズでコールアンドレスポンスに興じているかのようだ。会場全体が名人戦を戦う二人、将棋へのリスペクトが止まらない。この空気感こそが現地大盤解説会の魅力だ。

20時を越え、いよいよ終息を迎えようとしている。急な展開で合意をした二人は、長い長い終盤を二日に渡り戦い続けた。でも将棋はいずれ終わりが来る。最後はパタパタと進む。

結果は既報の通り、先手 羽生竜王が勝ち、通算1400勝を達成しました。故・大山名人より約20年早く1400勝を達成したそうです。最早意味が分かりません。



時計の針をも進ませぬ絶対的な強さを感じる一局。
名人奪取で、後10年は君臨し続けそうな気配。
そういった余韻に浸りながら帰宅の途に着きました。

自宅に帰ってきたらテレビニュースでも報道されていました。
いつもの、勝った後に淡々と話す羽生竜王。


第2局、佐藤名人の逆襲なるか?
本当に楽しみです。

今日も疲れた!

スポンサードリンク
(広告コード)


PR

第76期将棋名人戦・A級順位戦 最終11回戦 現地大盤解説会に行ってきた

 2018年3月2日 金曜日 静岡
青空で晴れ渡り、春を予感させる清々しい朝を迎えていた。

将棋界の一番長い日」と称される A級順位戦の最終対局日は、千駄ヶ谷の東京 将棋会館ではなく、静岡市 浮月楼で全5局が指される。名人挑戦の行方は未だ決していない。しかも対局の勝敗によっては最終対局を終わっても決まることが無い。期待と緊張が織り交ざった異様な空気は将棋ファンの間にも広まっていた。これほどまでに星取表を眺めて夢想する時間が多かった日々は無いかもしれない。いろいろな可能性をもったシナリオに、各棋士のファンは様々な祈り方をしていた。
そして、遂に歴史的な一日が始まることとなる。



第76期 A級 順位戦は 11人によるリーグであったため、対局がない抜け番の日がある。
羽生竜王は既に6勝4敗で終え、最終日には対局が無い。
この日はファンサービスのために現地に来ている。午前中は指導対局・サイン会で、その後、名古屋に移動し講演会を行い、再び静岡に戻ってきて大盤解説会で解説をするという超多忙スケジュール。
「ええ、当然、最後の対局が終わるまで見守ります。」と言う羽生竜王。なんというタフさだろうか。


(取材陣のインタビューに答える羽生竜王)


(指導対局とサイン会。ラッキーな人が羨ましい。)


対局はいつもより早い 9:00 から開始する。大盤解説会は 14:00 からで、それまでは各棋士による指導対局やサイン会が行われる。

ファンや棋士達から、ありとあらゆるプレッシャーをかけられる髙見六段。もちろん来月からの叡王戦に対してである。六段のサイン色紙がプレミアとなるだろうか?


大盤解説会では多くの棋士が代わる代わる丁寧に解説をする。
福崎九段はいつも通り場を盛り上げる。解説しない解説がいつも楽しみでしょうがない。上村四段は真面目過ぎて、将棋の解説をしようとする。いや、それは普通なのだけど、ここは台本通りにする必要は無いのですよ。
(中央に寄り過ぎてプロジェクターの光を浴びるものの動じない福崎九段)
    

女性から大人気の斎藤七段はトークも滑らか。再びのタイトル戦登場はいつになるだろうか?

 
環那さんは羽生竜王の解説聞き手を務め、まるで試験を受けているよう。安易に分からないと答えることなく指し手を考える姿を見ると応援したくなる。



森内専務理事は高見6段というおもちゃを見つけて楽しそう。
この日は裏方として忙しそうです。



午後、対局場となっている部屋のカーテンが空けられる。どうやら行方-広瀬の対局場のようである。行方九段の悩ましい顔を垣間見る。


九段先生も続々と。


「次の一手」で2階と3階で同じ回答にするということで、上村四段と高見六段が電話で会話をする。どうせなら両会場ともPC繋いでいるのだから、Skype にして画面にも出せば良いのにね。
その他、設営面はいろいろと改善したほうが良さそうなのだが、こんなに大人数の観客が集まるのも稀だから想定していないことも多いのだろう。


師匠の深浦九段の応援に駆け付けた佐々木大地四段も登壇。師弟愛凄いね。

夜になり各対局の優劣がつきはじめる。
22時を過ぎ、豊島投了の一報で会場の女性ファンの悲鳴が上がる。豊島八段が名人挑戦権を得るには久保王将が敗戦しなければならない。深浦-久保戦は難解。深浦良しから久保逆転の流れという解説に何とも哀しげな声が漏れる。

 
疲れを全く見せない羽生竜王。
解説が本当に分かりやすい。対局者が今何を考えて、どこをゴールにしているのかということを交えながら指し手を解説する。

大盤解説の途中休憩の間、会場に設置された小モニターで渡辺-三浦戦のニコ生中継が放映されている。渡辺棋王投了で見入っていた観客が拍手をする。三浦九段残留が決まる。渡辺棋王の降格はこの時点では決まっていない。深浦九段が負ければ渡辺棋王は残留となる。

最後の大盤解説。
大方の予想通り一番最後まで残ったのは深浦-久保の対局となった。
どちらも粘り強い棋風で簡単に土俵を割ることは無い。観客は固唾をのんで推移を見守る。
久保挑戦かプレーオフか。
深浦残留か降格か。
渡辺残留か降格か。

結果は既報の通り。
最後の最後に久保王将の粘りも空しく、投了となった。

最終局のすべてが終わり、同時に全てが決まった。
「将棋界の一番長い日」は、その日で終わることなく前代未聞の6者プレーオフとなり、名人戦挑戦者の決定は後日持越しとなった。そのプレーオフ初戦は、実質中一日、日曜の対局。王将戦タイトルの最中である久保-豊島である。4月からの名人戦に間に合わせるためとはいえ、棋士には酷な日程だ。

想定されていたとはいえ、本当に6者プレーオフになるとは誰が考えていただろうか。
こんな歴史的な日に現地にいれたことを幸運と思うしかない。
ネット中継を見ていた多くの人も歴史の証人の一人。きっと何年にもわたり、今日の日のことを語り継ぐであろう。

深夜0時をまわり、大盤解説会もお開きとなる。
三々五々、観客は会場を後にする。
ファンの私たちには、まだ楽しみが残されている。プレーオフの行方はどうなるのだろうか?
この激戦を制した挑戦者と天彦名人との戦いはどうなるのだろうか?
羽生竜王名人はあるのだろうか?
佐藤会長名人はあるのだろうか?


将棋界は一昨年四段となった少年が持つ大きな重力で潮流が変わっているのかもしれない。
この不思議な事象を体感するのは今しかない。いずれ大きな流れとなり、それがニューノーマルとなるであろう。
そんな事を考えながら、私も浮月楼を後にした。


来年も浮月楼で最終局が行われるのだろうか?
再び徳川慶喜に会えると思うと楽しみでならない。

(文 @totheworld)

スポンサードリンク
(広告コード)



第38回JT杯決勝を見に行ってきた

幕張遠いから全く行く予定は無かったのだけど、ねこまどから手伝いを頼まれしょうがなく()幕張へ。
案の定、手伝い(子どもの相手)が忙しく、ほんの少しだけ観戦。


将棋を知らない人にこの写真を見せてみたい。


想定内だが対局開始時間は1時間遅れ。


気合みなぎる豊島八段

 
スターウォーズの CM でしょうか?

決勝対局中は、ほぼ撤収作業でほとんど見てません。
一応、最後まで見届けて荷物を積んで四谷まで。

とにかく子どものパワーに押されっぱなしでしたが、楽しかったのでそれも良し。
今日も疲れた!

スポンサードリンク
(広告コード)



第19回 京急将棋まつり 二日目に行ってきた

今日はゆっくり参戦。

目隠し将棋を少し拝見する。

解説は中村六段。


その後、カロリーナ女流1級と堀女流2級の対局。


スーツ姿に戻った高見五段。
「先ほどは盤駒無く将棋を指したので、負けたのですが何か違うゲームをやったみたいで悔しくないです。」
(目隠し将棋はプロ棋士の凄さは分かるのだが、絵面が地味なので観る将向けイベントには向かないのかもしれない。)
対局はカロリーナの勝ち。
最近、伸び伸び指せているような気がします。もっと強くなりそうですね。


上村四段はドラマ「将棋めし」の監修も務めている。
人形を手にするとスイッチが入ってしまい観客を笑わせる。

今日の目玉は東西王子対決。
女性の観客も多い。

中村太地六段は関東にいると割と姿を拝見することが多いが、斎藤慎太郎七段はなかなかお目にかかれない。


息詰まるほどの対局。次は何を指すのか息をのむ。
 
中村六段の気迫を間近で感じる。

公式戦さながらの鋭い目つきだ。対局にも勝利。

指導対局やサイン会は長蛇の列。
合間の時間にツーショット撮影に応じたりと先生方は大忙しです。
参加者は満足したのではないでしょうか?
将棋まつり堪能できました。

今日も疲れた!
明日は出張準備があるから行かないかも。

スポンサードリンク
(広告コード)



第19回 京急将棋まつり 初日に行ってきた

山の日で祝日の8月11日(金)
第19回 京急将棋まつりに行ってきました。

午前中は大会に参加する子供が大勢で大混雑。
午後は予選敗退の人たちがいなくなり、幾分、余裕ができました。

「 新鋭の実力拝見 」と題して、中村修九段 vs 佐々木大地四段が行われます。
若い人と対局するのは大変だと言いながら、中村九段は気合が入っている模様です。


「中村九段は若手キラーですからね。」
 
中村九段(先手)が雁木模様から際どい受けを連発し、最後は快勝です。強い。

佐々木大地四段

中村一門

次は謎の「詰め将棋クイズ」

「藤井四段より数倍遅いです」という森内九段

自ら問題用紙を配る中村九段。その様子がおかしくて笑ってしまいます。

森内九段と佐藤九段は終始楽しそう。
ルールは、「詰将棋」があり、その図面から駒が一つ消えている図面を渡されて、何が消えているのかを予想しつつ、詰将棋を解くというもの。

考える伊藤沙恵女流二段、その後解答を色紙に書きます。

玄人好み過ぎて、詰将棋自体を楽しめませんが、先生方が3人並んで考えるという写真が撮りやすい構図に満足です。
(運営がスムーズじゃないので、中村先生、今度手伝いましょうか?)

次は、香川愛生女流三段vs伊藤沙恵女流二段の対局。
香川女流は今期調子が良いが、直近の両者の対局では伊藤女流の勝ち。(女流名人リーグ)

「同い年ということで意識していると思います。席上対局とはいえ、負けられないでしょう。負けたら1週間ぐらい嫌な気持ちになります。」と二人を煽る永瀬拓矢六段。



香川女流の先手で対局が始まる。

香川さんと伊藤さん
対局は香川女流の巧みな攻めが決まり勝ち。

ちょっと笑った感じになるのは、悪手を指した後の反省の顔ですな。たぶん。
(伊藤女流が負けるパターンはバランスが悪い将棋になった時のように思う。本譜も左銀の活用が無かった。)
本局は残念でしたが公式戦では勝ちまくってください。

三浦九段-永瀬六段の対局中に、佐々木四段の指導対局を受けていたので見ていません。
遠くから盛り上がっているのが聞こえました。
(そのため三浦九段の写真ありません)


最後、抽選会がありましたが私は外れてションボリ。

ということで朝から晩まで久しぶりに将棋まつりを楽しみました。

最後にこの二人のアップを。
 
その他、重複するような写真はツイッターに流します。

今日も疲れた!
明日も行くかも!

スポンサードリンク
(広告コード)



第2期電王戦 二番勝負 第2局 現地大盤解説会に行ってきた

電王戦もこれでおしまいということなので姫路に行ってきた。
対局の結果は既報の通り PONANZA の勝ち。
動画は 第2期電王戦 二番勝負 第2局 佐藤天彦叡王 vs PONANZA から閲覧できます。


駅から世界遺産 姫路城が見える。

姫路について詳しく下調べをしていなかったのだが書写山には行ってみたかった。
三月のライオン(映画)のロケ地でもあり、それ以前にはラストサムライのロケ地にもなっている。


さくっと登ってすぐに着くと思っていたが、ロープウェイに乗った後に15分ほど山道を歩く。
5月とはいえ姫路は暑い。

ラストサムライは、うろ覚えの記憶では最後に剣と銃の戦いとなって古い価値観の侍が打ち破れるというものだったはずである。
電王戦の最後の場が姫路というのは何かを示唆していたのだろうか。

なお書写山をゆっくりと堪能したいのであれば3時間ぐらいは見ておいた方が良い。
姫路駅から行って、登って、見て帰ってくるのに最低でも2時間はかかる。

土曜の朝、大盤解説会まで時間があるので姫路城まで行ってみる。
対局会場がどこなのか知らなかったが行ってみたら、あっけなく見つかる。

姫路は快晴。気温も高い。姫路城が白い。


姫路城の入城口の手前にある迎賓館が対局場だった。
写真左の白い建物。

翌日に撮影した迎賓館の入り口


裏側にまわり姫路城を見上げる。

 
取材の方たち。mtmt 氏の姿も確認する。


こちらは姫路城天守閣から見下ろした風景
真ん中右に映っているのが対局場

その後、お昼ごはんを食べて大盤解説会場に向かう。
着いたのは11時40分ぐらいで既に私の前には20人ほど並んでいる。
最終的には250人ぐらいの観客が大盤解説会に来ている。運営さんは想定外らしく、観客用差し入れおやつ(森永ラムネとブールミッシュのお菓子)が足りなくなるかもしれないと心配している。


福崎九段と伊藤女流二段で解説会が始まる。

福崎九段の解説会は初めてで楽しみにしていた。
(いずれ、ねこまど将棋チャンネルに来てもらいたいと思っている)
伊藤沙恵女流二段は3回ほど指導対局を受けたことがあり、居飛車振り飛車どちらも指しこなす受けの棋風はいつも参考にしている。ファンである。
だから、この二人が大盤解説で、電王戦も最後でということで来ない理由が見当たらない。

13時に始まった大盤解説会は20時ぐらいに終了。
しかし、本当にあっという間。終局直前以外はずっと笑っていた。本当に楽しい。
序盤中盤と福崎九段のペースで進むものの、要領を得た伊藤女流が福崎九段のボケを一刀両断にするという終盤に。放送が無いのが残念。
ほとんど指し手の解説はしないのですが、時折、大盤を使う時にはさすがの元タイトルホルダー九段だけあって説得力がある。あの口調に騙されてはいけない。相当の回転の速さだ。


途中から永瀬六段、中澤女流初段も会場に。
軍曹はいつも通り。中澤女流はニコニコしていて可愛らしい。


4人になっても福崎ペース
終局も4人で見守る。


投了後、永瀬六段も言葉が出ない。自分の負けより辛そうな雰囲気だ。
酸いも甘いも噛分けた福崎九段は達観の域だろうか。暗い雰囲気になりそうなところを明るい口調で会場を和ませる。

かつての電王戦で棋士が負けた際にも、いわゆるお通夜のような雰囲気になったことがある。
ニコ生の画面からも伝わってきた。
大盤解説会では「電王戦は刺激的」と福崎九段は再三語っていた。
「今までトップ棋士だけ表に出て、それ以外は新聞の片隅にさえ出ない存在。そんな将棋界が電王戦によって照らされるようになった。これが良いのか悪いのか分からない。コンピューターに負けたことで見限るファンもいるかもしれない。でも、これがきっかけで将棋に興味を持ってくれるかもしれない。だから棋士は頑張らなければいけない。」(概略)
と、福崎口調で語る。

電王戦が終わるのであれば、もう、このお通夜のような雰囲気が来ることはないのだろう。
これが良いのか悪いのか、私にはよく分からない。
ある種の一体感を持って喜怒哀楽の感情を共有するという場が永久に失われた可能性だってある。
いずれ時間が回答を見つけ出すであろう。

 
大盤解説会が終わると夜になっていた。
お腹が空いたので夕飯を食べに行った。記者会見は最後のほう少しだけ生で見た。TSはまだ見ていない。
叡王戦はタイトル戦になるという。また一つ、観る楽しみが増えた。

将棋は日本の伝統文化との佐藤会長の発言が聞こえる。
対してドワンゴ川上会長はニコ生のインタラクティブ性と将棋の相性を説明している。
私がまだ少しだけ両者の意見の食い違いを感じてしまう。それは伝統という言葉の響きと、ニコ生が持つ大衆性とのギャップに私自身がしっくり馴染んでいないからだろう。
電王戦のエンディングロール 「コメント協力 エンドユーザーの皆様」に対する将棋連盟としてのアンサーは何になろうだろうか?
これも時間が回答を見つけ出すであろう。

電王戦は終わったばかり。
今はまだ二元論的な話題ばかりだが、いずれ色々な事の咀嚼が進むであろう。
自分の中でも、世の中としても。

そんなことを考えながら新幹線で眠りについた。
私はまだ将棋に興味を持っている。


疲れた!でも楽しかった!

スポンサードリンク
(広告コード)