@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第2期電王戦 二番勝負 第2局 現地大盤解説会に行ってきた

電王戦もこれでおしまいということなので姫路に行ってきた。
対局の結果は既報の通り PONANZA の勝ち。
動画は 第2期電王戦 二番勝負 第2局 佐藤天彦叡王 vs PONANZA から閲覧できます。


駅から世界遺産 姫路城が見える。

姫路について詳しく下調べをしていなかったのだが書写山には行ってみたかった。
三月のライオン(映画)のロケ地でもあり、それ以前にはラストサムライのロケ地にもなっている。


さくっと登ってすぐに着くと思っていたが、ロープウェイに乗った後に15分ほど山道を歩く。
5月とはいえ姫路は暑い。

ラストサムライは、うろ覚えの記憶では最後に剣と銃の戦いとなって古い価値観の侍が打ち破れるというものだったはずである。
電王戦の最後の場が姫路というのは何かを示唆していたのだろうか。

なお書写山をゆっくりと堪能したいのであれば3時間ぐらいは見ておいた方が良い。
姫路駅から行って、登って、見て帰ってくるのに最低でも2時間はかかる。

土曜の朝、大盤解説会まで時間があるので姫路城まで行ってみる。
対局会場がどこなのか知らなかったが行ってみたら、あっけなく見つかる。

姫路は快晴。気温も高い。姫路城が白い。


姫路城の入城口の手前にある迎賓館が対局場だった。
写真左の白い建物。

翌日に撮影した迎賓館の入り口


裏側にまわり姫路城を見上げる。

 
取材の方たち。mtmt 氏の姿も確認する。


こちらは姫路城天守閣から見下ろした風景
真ん中右に映っているのが対局場

その後、お昼ごはんを食べて大盤解説会場に向かう。
着いたのは11時40分ぐらいで既に私の前には20人ほど並んでいる。
最終的には250人ぐらいの観客が大盤解説会に来ている。運営さんは想定外らしく、観客用差し入れおやつ(森永ラムネとブールミッシュのお菓子)が足りなくなるかもしれないと心配している。


福崎九段と伊藤女流二段で解説会が始まる。

福崎九段の解説会は初めてで楽しみにしていた。
(いずれ、ねこまど将棋チャンネルに来てもらいたいと思っている)
伊藤沙恵女流二段は3回ほど指導対局を受けたことがあり、居飛車振り飛車どちらも指しこなす受けの棋風はいつも参考にしている。ファンである。
だから、この二人が大盤解説で、電王戦も最後でということで来ない理由が見当たらない。

13時に始まった大盤解説会は20時ぐらいに終了。
しかし、本当にあっという間。終局直前以外はずっと笑っていた。本当に楽しい。
序盤中盤と福崎九段のペースで進むものの、要領を得た伊藤女流が福崎九段のボケを一刀両断にするという終盤に。放送が無いのが残念。
ほとんど指し手の解説はしないのですが、時折、大盤を使う時にはさすがの元タイトルホルダー九段だけあって説得力がある。あの口調に騙されてはいけない。相当の回転の速さだ。


途中から永瀬六段、中澤女流初段も会場に。
軍曹はいつも通り。中澤女流はニコニコしていて可愛らしい。


4人になっても福崎ペース
終局も4人で見守る。


投了後、永瀬六段も言葉が出ない。自分の負けより辛そうな雰囲気だ。
酸いも甘いも噛分けた福崎九段は達観の域だろうか。暗い雰囲気になりそうなところを明るい口調で会場を和ませる。

かつての電王戦で棋士が負けた際にも、いわゆるお通夜のような雰囲気になったことがある。
ニコ生の画面からも伝わってきた。
大盤解説会では「電王戦は刺激的」と福崎九段は再三語っていた。
「今までトップ棋士だけ表に出て、それ以外は新聞の片隅にさえ出ない存在。そんな将棋界が電王戦によって照らされるようになった。これが良いのか悪いのか分からない。コンピューターに負けたことで見限るファンもいるかもしれない。でも、これがきっかけで将棋に興味を持ってくれるかもしれない。だから棋士は頑張らなければいけない。」(概略)
と、福崎口調で語る。

電王戦が終わるのであれば、もう、このお通夜のような雰囲気が来ることはないのだろう。
これが良いのか悪いのか、私にはよく分からない。
ある種の一体感を持って喜怒哀楽の感情を共有するという場が永久に失われた可能性だってある。
いずれ時間が回答を見つけ出すであろう。

 
大盤解説会が終わると夜になっていた。
お腹が空いたので夕飯を食べに行った。記者会見は最後のほう少しだけ生で見た。TSはまだ見ていない。
叡王戦はタイトル戦になるという。また一つ、観る楽しみが増えた。

将棋は日本の伝統文化との佐藤会長の発言が聞こえる。
対してドワンゴ川上会長はニコ生のインタラクティブ性と将棋の相性を説明している。
私がまだ少しだけ両者の意見の食い違いを感じてしまう。それは伝統という言葉の響きと、ニコ生が持つ大衆性とのギャップに私自身がしっくり馴染んでいないからだろう。
電王戦のエンディングロール 「コメント協力 エンドユーザーの皆様」に対する将棋連盟としてのアンサーは何になろうだろうか?
これも時間が回答を見つけ出すであろう。

電王戦は終わったばかり。
今はまだ二元論的な話題ばかりだが、いずれ色々な事の咀嚼が進むであろう。
自分の中でも、世の中としても。

そんなことを考えながら新幹線で眠りについた。
私はまだ将棋に興味を持っている。


疲れた!でも楽しかった!
PR

第2期叡王戦 決勝三番勝負 第2局 大盤解説会@ニコファーレ に行ってきた

本当に久しぶりの大盤解説会。
この2か月ほどは、ねこまど杯将棋大会の準備・運営で忙しかった。
バーガーキングで腹ごしらえをしてニコファーレへ。

結果は既報の通り、佐藤天彦九段が勝ち、いよいよ来春に ponanza と戦う事となった。
ニコ生視聴はこちら↓
http://live.nicovideo.jp/watch/lv281628072

 
解説:屋敷伸之九段 野月浩貴七段
聞き手:山口恵梨子女流二段 貞升南女流初段
「北海道コンビ + 堀口ガールズ」



 
屋敷九段の解説は軽快で、野月七段の解説は分かりやすい。
ニコ生との相性は抜群だ。

こんな雰囲気




私は屋敷九段のファンで中継される将棋は必ず見ているし、「屋敷名人あるか?」というコメントが流れている場合は、それは大抵、私の仕業だ。
ということで、ツイッター用にアイコンを作ってみた。いつか使って欲しい。
えっ?屋敷九段はツイッターやってないって?



今回はニコファーレ内の別の場所で英語解説も行われていた。
こういう試みはとても良いと思います。
後日、タイムシフトで見たいと思っています。
 
カロリーナも堀口先生もかっこよかったです。
 
何か用に白黒のプロフィール写真も作っておきました。
堀口先生、入用でしたら北尾女流経由でお申し付け下さい。
 

メールコーナー


ということで、長考が多い難解な将棋でしたが、終わってみればあっという間の一日でした。
佐藤天彦名人の強さが光った対局となりました。ああいう将棋が指せるようになりたいものです。



外に出たらすっかり夜。
冬の東京は寒い。

今日も疲れた!

将棋電王戦FINAL 第4局 村山慈明七段 vs ponanza 奈良に行ってきた #大盤解説

奈良に行ってきました。
宿泊先を手配するのに手こずったのですが、その理由は行ってみて分かりました。ものすごい沢山の観光客が中国、台湾から来ているのです。日本人観光客はは一割ぐらい?という感じです。


偶然見つけた御一行様看板。http://www.tenpyohotel.com/


当日、薬師寺に。

もちろん中には入れませんが、

記者が出てくるタイミングで見えました。


番長仕事中


持ち込んだと思われる電源。これが弱点だ。

そして、生駒へ。

たけまるホール
http://www.ikoma-sg.jp/takemaru/index.html
 


満員にはなりませんでしたが、300人ぐらいは入ったでしょうか。

Denso さんの、電王手くん・電王手さんの写真がプリントされたクリアファイルが先着で貰えました。

千田五段のコンピュータ将棋に関する造詣の深さに関心です。出場打診するだけの事があります。選考基準や条件なんかが違っていたら出ていたんじゃないかと思います。関連した裏話(というか、経緯)も聞くことができました。
大満足の解説会です。

第五局が楽しみです。

△2八角 JKシステム (堀田侑愛)


山口定跡?
 
いやいや JK システムでしょう。



堀田 侑愛
@hotta_yua

将棋のルールは知らないそうです。
「将棋やってみようかなぁ?」(義理)に対し、反射的に「やめたほうが良いです」と答えてしまうww 将棋を知らない人に一言で将棋の魅力を伝える方法を教えてください。
本をくれた髭の人は覚えているそうです。
また機会があったら出てほしいですね。


将棋電王戦FINAL 第1局 斎藤慎太郎五段 vs Apery #大盤解説 ニコファーレに行ってきた

運よく当たったのでニコファーレに。
 
ニコファーレ会場は B1F にあります。


会場の雰囲気 
今年はプリクラが無かったのが残念


いつもニコニコ 南ちゃん


室谷 "酒豪" 七段ww  A級八段も近いか?


そういえば、去年も木村八段解説の電王戦の時に来た


梶浦三段の四段昇段で嬉しそうな鈴木八段


斎藤5段の勝利で和やかな終了


朝9時から夜10時までニコファーレに居ました。
長いのですが、あっという間。
でも疲れたー。


カスパロフ氏演説 (抄訳) @将棋電王戦FINAL記者発表会

仕事に疲れたので、昨日の動画を見て息抜きついでに抄訳してみた。
英語の聞き取りはラフです。




Grateful gotcha, I’ve been chosen a part of such an important event in a history of shogi.
まずはじめに、このような将棋の歴史にとって、とても大切なイベントにおいて、私が役割のひとつを担わせて頂いたということについて、感謝をいたします。

As you’re aware, in the game of chess have already past this milestone and the machines are consider to be unbeatable.
ここにいる皆さんは知っている通り、チェスにおいては、このようなマイルストーンをかつて経験しており、そして、既にコンピューターに勝つということは難しいとされています。
 
And my stand of top of the world of chess for twenty years was the period of one machine came from total armatures to a level of the best players.
私が20年にわたる世界チャンピオンとしての期間において、コンピューターはアマチュアレベルから、トップレベルのプレイヤーとして進化しました。

But I want to communicate my experience of playing the different machines and a not to consummate on negative side.
しかし、今日、私は否定的な事を言いたいわけではなく、私のコンピュータとの戦いから得られた経験というものを伝えたくて、ここに来ています。

It’s what is chess or shogi, in my view, these rate games to provide unique opportunity to I should understand the way human thinks versus machine’s way of computation.
私の考えでは、チェスであれ、将棋であれ、これらのゲームは、今や、コンピューターがどのように計算をするかということと、人間がどのように思考を巡らせて対決するかという、とてもユニークな機会を与えてくれるものと考えています。
 
And eventually, I believe that these long term experiment help us to better understand the way for human is not just a play machine but corporate machines.
結局のところ、私は、このような長き戦いから得られる経験は、人間は単なる機械の操作役ではなく、どのように機械を使いこなすか、ということを理解することに役立つと信じています。

Because chess or shogi offers unique platform of running such an experiment.
なぜなら、チェスや将棋は、そのような経験の場を与えてくれる良いプラットフォームだからです。

I have to meet that the shogi is more complicated machines to climb down.
ただ、将棋の方がコンピューターにとっては、解析するまでの道のりが長いであろうことは、私も感じているところです。

So that’s why I believe this for more excitement in shogi in show, you can, human compare the chess today.
今回のこの将棋イベントにおいて、とてもエキサイティングになることは、現在のチェスの状況と比べても疑うことはありません。

But those who are having this very pessimistic in your future, I have a very simple as strong message.
もし、私たちの将来について悲観的に考えている人がいるのであれば、私は、シンプルに、そして自信をもって伝えたいメッセージがあります。

It’s the experiment will not end until human can get one single game, against, against the computer where there is just a chess or shogi.
私たちの挑戦は、将棋においても、チェスにおいても、何度も何度もコンピューターに挑み続けて、私たちが全く勝てなくなるまで続きます。

Because the whole IDs choose the proof of top of our ability at the best moment, and best human beings can beat the best computer.
なぜなら、私たち全知能が、その時点においてベストな人間を、ベストなタイミングを選出し、その人間がコンピュータを倒すということが、人間がコンピューターに勝るという証明になるからです。

Human, some horrible for things that can affect our behavior’s bored, or machines are not.
ただし、選ばれた人間でも、いろいろな影響により行動に支障をきたすことがあります。でもコンピューターは、そういうことがありません。

So that’s why for me the event will the victory of human if one of them wins one game.
ですから、私は、選ばれた彼らが1勝でもすることが、人類の勝利だと考えています。

Because all five of them represents are human race in this man or machine competition.
そしてそれが、選ばれた5人の代表者が、コンピューターとの決戦を行う理由でもあります。

As you can guess, my sympathy is full on their side.
お察しの通り、私は5人の棋士に肩入れをしています。

And even as do well, I’ll consider you may see my furigoma brought them good luck.
見ていただいた通り、私の振り駒が、少しでも彼らに幸運をもたらしてくれるだろうと思っています。

And just this is the final notes, I want to say that hopefully the event will over with the new era of corporate between chess and shogi.
最後に言いたいのは、このイベントを通して、チェスと将棋において新しい協力関係を生み出すだろうということです。

I want to see more chess is being play chess in Japan and I want to see the great of shogi is being popularize around of the world.
チェスが日本でも広くプレイされるということを想像したいですし、偉大な将棋というゲームも、もっと世界中に広まることを期待したいです。

And the end of the day, chess and shogi are belonging the same of family of great mind games, and I wish hope together towards promotion.
本日の最後として、チェスと将棋は同じ偉大な頭脳ゲームの仲間として、一緒にプロモートしていきたいと強く願っています。

And good luck for the players, and thank you for inviting me here.
棋士の皆さんの幸運を祈ります。そして、今回のイベントに呼んでいただき、ありがとうございました。

----
         

 


        
  • 1
  • 2
  • 3