@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第75期七番勝負 第1局 1日目・2日目 椿山荘 #大盤解説会 に行ってきた

春の陽気が戻った東京には満開の桜が咲いている。
かつて「羽生・森内は春の季語」とまで言われた名人戦、第75期の幕開けは21年ぶりの20代対決となった。年齢だけでいうとフレッシュ対決となるのかもしれないが、名人、挑戦者ともに既に老獪さをも漂うような落ち着きが見られる。

さしてどちらの応援という訳でもないのだが、東京で行われるタイトル戦だから雰囲気を味わいたい。平日ながら椿山荘へ向かう。


(対局場は料亭 錦水)



椿山荘での大盤解説会といえば、天井のシャンデリアも見どころだ。


解説は佐藤和俊六段。聞き手は塚田恵梨香女流2級。
和俊六段は昨年度のNHK杯準優勝の記憶が新しい。収録は2月中には終了しており、放映されるまで結果も言えないしモヤモヤしていたそうだ。




中村太地六段は副立会人で大盤解説も行う。
ますます痩せたのではないだろうか?誰か飯作ってやれ。
(本人談:冷凍食品ばかり食べています)
鈴木大介九段から、しきりに「同年代が名人戦で悔しいでしょう?」と言われている。

聞き手の塚田さんは平成10年生まれの18歳。
いろいろな昔のエピソードはこととごく「私が生まれる前」で、会場全員がそのセリフを聞くたびに椅子から落ちそうになる。


とにかく若い。表情が豊富で角度によって大きく違う。



今回初めて山口絵美菜女流1級を見ました。
高見五段との掛け合いも歯切れが良く、頭の良さを感じさせる。

笑顔が印象的。


初日は50名ほどだった観客も、2日目には満席に近い。200名以上はいる。
今回はニコ生に加え、AbemaTV でも生中継があり手軽に観戦できるようになったが、生の大盤解説会もまだまだ人気がある。夕食休憩ぐらいになると立ち見もでるのだが、今回はその前に対局終了。


意外なほどの早い終局で、外はまだ明るい。
時折吹く強風が少し冷たいが、名人戦は開幕し完全に春がやってきた。

挑戦者が先に1勝する展開となった名人戦。
防衛するのか、奪取するのか。

次は、4月20・21日(木・金)「藤田記念庭園」青森県弘前市
対局の時には、ちょうど満開の桜が両対局者を出迎えることだろう。
楽しみです。


今日も疲れた!

PR