@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第57期王位戦七番勝負第5局 千駄ヶ谷 大盤解説に行ってきた

ニコ生が無い王位戦。
夕方、徐に会社を出て千駄ヶ谷 東京 将棋会館に行く。
小学生は今日が最後の夏休みだろうか?道場には、ねこまどチームの主将も来ていた。

王位戦中継サイト : http://live.shogi.or.jp/oui/index.html

結果は既報の通り挑戦者木村八段の勝ち。

   
東京 将棋会館での大盤解説会。
解説は、今、名人挑戦に一番近い男 広瀬八段 (A級3勝0敗)
聞き手は、伊藤沙恵女流二段


広瀬八段は長身で天井に頭がついてしまっている、と言っても過言ではない。
 

伊藤女流二段は、受けの棋風で知られるトップ女流棋士の一人だ。
私も受けの棋風なので伊藤女流の棋譜は必ずチェックしている。




「伊藤さんは角換わり指すんですか?」
「難しそうなので、全く指しません。広瀬先生は角換わり得意なイメージがあります。」
「得意ではないんですが指します。角換わりは難しいから人気があるんじゃないですかね。」

今日の大盤解説会は雑談がほぼ無い、指し手とその変化をしっかりと解説してく関東ストロングスタイルだ。
角換わりを指す私には勉強になって有難い。
解説の広瀬八段は次々と淀みなく指し手の解説をする。伊藤女流が的確に違う手も示す。
二人の判断が早い。さすがプロや。

次の一手は当たりましたが、抽選で外れ。残念。

173手。
大熱戦でした。大盤解説も堪能しました。

自局は陣屋なので頑張って現地に行こうと思っています。

今日も疲れた!
PR