@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第57期王位戦七番勝負第6局 陣屋 大盤解説会に行ってきた

横浜は朝から激しい雨が降っていた。
今日は王位戦の第6局目、対局場は陣屋。県内ににあるのに行かない訳には行かない。
車を走らせて1時間弱の距離。

陣屋についた頃には雨は止んでいた。


  
私は写真を撮るので最前列に座ることがない。
いや、正確に言うと、望遠で写真を撮るのが好きなので後ろのほうが良かったりする。
今日はちょっと早めに着き、12番目の入場となった。(入場番号が抽選券の番号でもある)
観客は約200人。
たぶん、全ての人が、今日がタイトル移動日になるかもしれない、と思っている。
羽生ファンでさえ、たぶん、そう思っている。
終日、拍手と笑いが絶えない熱気があふれる大盤解説会となった。


副立会の砂糖のように甘い方の軽妙な、そして、定番のネタで大盤解説会が始まる。

程無く、屋敷九段も会場に。二人で掛け合いながら解説が進みます。

 
終局時刻を予想する高見五段

勝又六段も顔を見せる。羽生さんのエピソード(ディズニーシー)を披露。

青野九段
「棋士にも木村八段ファンは多いんですよ。タイトル取って欲しいですね。」

対局の結果は、既報の通り羽生王位の勝ち。
  
そして、対局者が大盤解説会の会場に来る。

対局後の淡々とした羽生さん。いつもの感じだ。勝っても負けても、この雰囲気。
局面の解説になり、少し笑顔も垣間見える。


敗者にカメラを向けないほうが良いのかもしれない。
しかし、今日は木村八段から目を離すことができなかった。
絞るように声を発し、作戦ミスを悔いた。
木村八段の痛々しく、人間らしい姿を見つつも、観客は既に2週間後に同じ場所で行われる最終局に想いを馳せていた。
軽々しく言える雰囲気ではないが、まだ1局あるじゃないか、と誰しも心の中で思っていたはずだ。次の対局は勝つんだよね?という期待を込めて。


抽選会では封じ手も景品となった。123番の方が当選していた。


早い終局の声も聞こえたが、すべてが終わると夜になっていた。
再び、小雨が降っていた。

最終局は、9月26、27日(月、火)。場所は同じく陣屋。

タイトルって何だろうとぼんやり考えながら帰路についた。


今日も疲れたー。

 

 




  

PR

第57期王位戦七番勝負第5局 千駄ヶ谷 大盤解説に行ってきた

ニコ生が無い王位戦。
夕方、徐に会社を出て千駄ヶ谷 東京 将棋会館に行く。
小学生は今日が最後の夏休みだろうか?道場には、ねこまどチームの主将も来ていた。

王位戦中継サイト : http://live.shogi.or.jp/oui/index.html

結果は既報の通り挑戦者木村八段の勝ち。

   
東京 将棋会館での大盤解説会。
解説は、今、名人挑戦に一番近い男 広瀬八段 (A級3勝0敗)
聞き手は、伊藤沙恵女流二段


広瀬八段は長身で天井に頭がついてしまっている、と言っても過言ではない。
 

伊藤女流二段は、受けの棋風で知られるトップ女流棋士の一人だ。
私も受けの棋風なので伊藤女流の棋譜は必ずチェックしている。




「伊藤さんは角換わり指すんですか?」
「難しそうなので、全く指しません。広瀬先生は角換わり得意なイメージがあります。」
「得意ではないんですが指します。角換わりは難しいから人気があるんじゃないですかね。」

今日の大盤解説会は雑談がほぼ無い、指し手とその変化をしっかりと解説してく関東ストロングスタイルだ。
角換わりを指す私には勉強になって有難い。
解説の広瀬八段は次々と淀みなく指し手の解説をする。伊藤女流が的確に違う手も示す。
二人の判断が早い。さすがプロや。

次の一手は当たりましたが、抽選で外れ。残念。

173手。
大熱戦でした。大盤解説も堪能しました。

自局は陣屋なので頑張って現地に行こうと思っています。

今日も疲れた!