@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

羽生三冠が優勝、2年ぶり3回目 朝日杯将棋オープン戦

関東に十数年ぶりの大雪警報が出ている中、横浜から有楽町に向かう。交通機関の乱れを気にして、早めに家を出るものの、朝は交通に支障がなく無事に辿り着く。おかげで前から30番目ぐらいの列には並ぶことができる。その後、運良く準決勝公開対局の羽生さんの左後ろに座ることができた。(朝日新聞デジタルに写りこむ

羽生三冠の後ろということは、つまりは豊島七段と相対することとなる。
今日の四人の棋士は全て好きな棋士ではあるのだが、今日は豊島七段を応援したい気分であった。三霊獣タイトルホルダーに挑む若手のエースであり、来月には電王戦を控えている。今期のA級昇級は難しそうだが、今後の活躍に向けて勢いをつけて欲しい棋士である。

羽生三冠と対峙する豊島七段は、終始、落ち着いている。長考する時も、踏み込んだ一手を放つときも表情は殆ど変わらない。終盤、頬に赤みが差してくるものの、自身のペースは保ったままだ。
勝負の方は残念ながら負けてしまう。やや悔しそうな表情を窺うもののスマートに退場していった。

さて、表彰式でも少し話題になった羽生三冠の履物である。

スーツに長靴である。
私も気になったのでアップの写真を撮っておいた。


そして家に帰ってきてからチェック。たぶん、これだろう。よし私も買おう。

午後は大盤解説会場に行く。

真ん中に写りこんでいるのは、某有名記者さん。


竹部女流は、まるで女優のよう。


会場が暗くて色温度の調整が難しい(言い訳)、、ので白黒に。新聞っぽい。


大局観の違いに対して、「私の頭がおかしいんでしょうか?」


「竹部さん、進行してくださいよ」
「私がやると、とんでもないことになりますよw」


冷静に解説する豊島七段


なぜ負けたの分からないというような感じの渡辺二冠


さすがに、とても疲れたような羽生三冠。

外に出たらすっかり雪景色。銀座とは思えません。そして、苦労して帰りました。


最後に動画のおまけ。

 

PR