@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第76期将棋名人戦・A級順位戦 最終11回戦 現地大盤解説会に行ってきた

 2018年3月2日 金曜日 静岡
青空で晴れ渡り、春を予感させる清々しい朝を迎えていた。

将棋界の一番長い日」と称される A級順位戦の最終対局日は、千駄ヶ谷の東京 将棋会館ではなく、静岡市 浮月楼で全5局が指される。名人挑戦の行方は未だ決していない。しかも対局の勝敗によっては最終対局を終わっても決まることが無い。期待と緊張が織り交ざった異様な空気は将棋ファンの間にも広まっていた。これほどまでに星取表を眺めて夢想する時間が多かった日々は無いかもしれない。いろいろな可能性をもったシナリオに、各棋士のファンは様々な祈り方をしていた。
そして、遂に歴史的な一日が始まることとなる。



第76期 A級 順位戦は 11人によるリーグであったため、対局がない抜け番の日がある。
羽生竜王は既に6勝4敗で終え、最終日には対局が無い。
この日はファンサービスのために現地に来ている。午前中は指導対局・サイン会で、その後、名古屋に移動し講演会を行い、再び静岡に戻ってきて大盤解説会で解説をするという超多忙スケジュール。
「ええ、当然、最後の対局が終わるまで見守ります。」と言う羽生竜王。なんというタフさだろうか。


(取材陣のインタビューに答える羽生竜王)


(指導対局とサイン会。ラッキーな人が羨ましい。)


対局はいつもより早い 9:00 から開始する。大盤解説会は 14:00 からで、それまでは各棋士による指導対局やサイン会が行われる。

ファンや棋士達から、ありとあらゆるプレッシャーをかけられる髙見六段。もちろん来月からの叡王戦に対してである。六段のサイン色紙がプレミアとなるだろうか?


大盤解説会では多くの棋士が代わる代わる丁寧に解説をする。
福崎九段はいつも通り場を盛り上げる。解説しない解説がいつも楽しみでしょうがない。上村四段は真面目過ぎて、将棋の解説をしようとする。いや、それは普通なのだけど、ここは台本通りにする必要は無いのですよ。
(中央に寄り過ぎてプロジェクターの光を浴びるものの動じない福崎九段)
    

女性から大人気の斎藤七段はトークも滑らか。再びのタイトル戦登場はいつになるだろうか?

 
環那さんは羽生竜王の解説聞き手を務め、まるで試験を受けているよう。安易に分からないと答えることなく指し手を考える姿を見ると応援したくなる。



森内専務理事は高見6段というおもちゃを見つけて楽しそう。
この日は裏方として忙しそうです。



午後、対局場となっている部屋のカーテンが空けられる。どうやら行方-広瀬の対局場のようである。行方九段の悩ましい顔を垣間見る。


九段先生も続々と。


「次の一手」で2階と3階で同じ回答にするということで、上村四段と高見六段が電話で会話をする。どうせなら両会場ともPC繋いでいるのだから、Skype にして画面にも出せば良いのにね。
その他、設営面はいろいろと改善したほうが良さそうなのだが、こんなに大人数の観客が集まるのも稀だから想定していないことも多いのだろう。


師匠の深浦九段の応援に駆け付けた佐々木大地四段も登壇。師弟愛凄いね。

夜になり各対局の優劣がつきはじめる。
22時を過ぎ、豊島投了の一報で会場の女性ファンの悲鳴が上がる。豊島八段が名人挑戦権を得るには久保王将が敗戦しなければならない。深浦-久保戦は難解。深浦良しから久保逆転の流れという解説に何とも哀しげな声が漏れる。

 
疲れを全く見せない羽生竜王。
解説が本当に分かりやすい。対局者が今何を考えて、どこをゴールにしているのかということを交えながら指し手を解説する。

大盤解説の途中休憩の間、会場に設置された小モニターで渡辺-三浦戦のニコ生中継が放映されている。渡辺棋王投了で見入っていた観客が拍手をする。三浦九段残留が決まる。渡辺棋王の降格はこの時点では決まっていない。深浦九段が負ければ渡辺棋王は残留となる。

最後の大盤解説。
大方の予想通り一番最後まで残ったのは深浦-久保の対局となった。
どちらも粘り強い棋風で簡単に土俵を割ることは無い。観客は固唾をのんで推移を見守る。
久保挑戦かプレーオフか。
深浦残留か降格か。
渡辺残留か降格か。

結果は既報の通り。
最後の最後に久保王将の粘りも空しく、投了となった。

最終局のすべてが終わり、同時に全てが決まった。
「将棋界の一番長い日」は、その日で終わることなく前代未聞の6者プレーオフとなり、名人戦挑戦者の決定は後日持越しとなった。そのプレーオフ初戦は、実質中一日、日曜の対局。王将戦タイトルの最中である久保-豊島である。4月からの名人戦に間に合わせるためとはいえ、棋士には酷な日程だ。

想定されていたとはいえ、本当に6者プレーオフになるとは誰が考えていただろうか。
こんな歴史的な日に現地にいれたことを幸運と思うしかない。
ネット中継を見ていた多くの人も歴史の証人の一人。きっと何年にもわたり、今日の日のことを語り継ぐであろう。

深夜0時をまわり、大盤解説会もお開きとなる。
三々五々、観客は会場を後にする。
ファンの私たちには、まだ楽しみが残されている。プレーオフの行方はどうなるのだろうか?
この激戦を制した挑戦者と天彦名人との戦いはどうなるのだろうか?
羽生竜王名人はあるのだろうか?
佐藤会長名人はあるのだろうか?


将棋界は一昨年四段となった少年が持つ大きな重力で潮流が変わっているのかもしれない。
この不思議な事象を体感するのは今しかない。いずれ大きな流れとなり、それがニューノーマルとなるであろう。
そんな事を考えながら、私も浮月楼を後にした。


来年も浮月楼で最終局が行われるのだろうか?
再び徳川慶喜に会えると思うと楽しみでならない。

(文 @totheworld)

PR