@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第4回アジア将棋支部対抗戦 in 香港

北尾先生から香港での将棋大会について話を聞き、ねこまどチームも参加することになった。
以前、シンガポール支部の A 氏に現地で将棋を教わったことがあったのだが、アジアの他の国の将棋の状況は分からない。香港は1997年に英国から中国に返還され、正式には中華人民共和国香港特別行政区と呼ぶ。東京23区ほどの広さの中に720万人の人口があり、加えて、出張や旅行などで訪れる人を加えると、相当な人数になる。街中は常に人で溢れている。

前夜祭は香港中心部から東にある西貢の海鮮中華料理店にて行われた。

総勢70人超。大盛況だ。

小林九段、高田七段、北尾まどか女流二段、カロリーナ女流3級と、各チームのリーダー。


ねこまどチームは、社団戦チームから3名に加え、王手飛車さん、台湾がえりの U氏を加えた5人で出場。せいかちゃんは上海チームとして出場。
会場は、伊藤忠さんの香港オフィスを借りて行われた。

参加者は日本人が中心だが、中国人も多く参加している。
アジア大会(支部対抗団体戦)はバンコクが優勝。
団体戦は香港が優勝。
世界を将棋に広める会チームは団体戦準優勝。
ねこまどチームは7位。

とても盛り上がり大会は終了。
次回は、マレーシアかシンガポールで開催されるとのことです。楽しみですね。


上海の街の中にて。
雀荘を見つけたので、中を覗いてみる。

 
点棒は使わず現金でやり取りしている。

これはレートというのでしょうか?麻雀に詳しくないので良くわかりません。
同行の J 氏は打ちたそうにしていますが、それでも香港麻雀のルールが分からず断念。
リーチが無い?、ドラが無い?、というのが気に食わないようです。

公園では象棋が行わているようだったので近づいてみる。
石のテーブルには象棋の台が埋め込まれている。

暗棋かもしれないのだが、
 - 半盤ではなく全盤で行う
 - 帥・将は定位置に表向きで置く
 - それ以外の駒は裏返して混ぜて、象棋の置き方で配置
 - 駒を動かしたら、裏の駒を表にする
というルールで進めていた。

とても面白そうだ。
しかし、象棋のルール(駒の動かし方)も曖昧にしか分からないので飛び入り参加は諦める。



ということで、香港を十分堪能して帰国。
連日、たくさん食べて、たくさん飲みました。たくさん歩きました。

疲れたー。
PR