@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

渡部愛新女流王位誕生記念パーティー に行ってきた

渡部愛新女流王位誕生記念パーティー
◆日時:201892日(日)17:30開場 18:00開始

◆場所:銀座 Sun-mi 高松7丁目店

2018年6月13日に里見香奈から女流王位を奪取した渡部愛、そのパーティが開かれる。
タイトル初戦からは約4か月、タイトル獲得からは約3か月経過している。時が経つのは早い。

同郷の女流棋士の奮闘を祝福しない訳がない。
曇り空の東京、銀座に向かう。


(中倉姉妹)

ゲストには髙見叡王、先崎九段、野月八段、瀬川五段と豪華な顔ぶれで、それぞれの祝辞が面白い。あまりネタバレを書かない主義なので詳細は省きますが、野月八段のコーチングについての話が興味深かった。きっと野月先生の指導は超スパルタだと思います。攻めの棋風の先生なので、たぶん相当厳しいキラーパスを出していると思います。それについていく渡部愛さんも相当根性入ってると伺えます。「女流タイトル獲得ではなく、(男性) 棋士に勝てるようになることが目標。はやく私を追い越して欲しい。」と話していたのも印象深いです。



髙見叡王、先崎九段、瀬川五段も祝辞。
NHK のカメラも入っており、10月の将棋フォーカスで放映されるらしいので詳細は割愛。


女流三段の免状。LPSA は中倉代表理事が発行するんですね。



新たな決意を語る渡部愛女流王位。
女流棋界は "渡部愛包囲網" が敷かれ、全ての女流棋士がタイトルホルダー相手に一発入れようと研究しているはずだ。それが追われる立場ということである。更なるパワーアップをしなければ生き残れないことは本人の言葉からも感じ取れた。


「渡部愛クイズ」
出身の小学校は?などのクイズが出される。最後は蒲田道場の方がクイズ王?に。


終始和やかでアットホームな雰囲気のパーティとなり楽しむことができました。
料理も美味しかった。写真撮ってないけど。


参加者に配られたリーフレット。


第4局の自戦解説メモ。


記念扇子。もったいなくて使えない。

第30期女流王位戦は、これから予選、リーグ、決定戦を経て、来年5月には初めての防衛戦を迎えることとなる。果たして誰が挑戦するのだろうか?

皆が「まなちゃん」と呼ぶ親しい空気が流れている。
皆が笑顔で彼女を見守っている。
彼女はそれを素直に受け取ればいい。

20時を過ぎ散会。
私は優しい気持ちを抱き、清々しさを感じながら会場を後にした。
何か不思議な感じだった。
日曜日の銀座には喧噪は無く、静かに佇んでいた。
第29期女流王位戦が、私の中でようやく完結したことに気がついた。
PR