@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

日本將棋聯盟台北支部に行ってきた

出張の前乗りで時間を作った。
そして、日本將棋聯盟台北支部 へ。

こんな感じの街角。
繁体字なので漢字が読める。先々週は北京出張だったが簡体字は全く分からなかった。
古くなった建物も多いし、漢字も日本人にとっては旧字の感覚だし、昭和な雰囲気に感じる。

さて、事前に連絡しておいたので話も伝わっており、着いたら早々一局指すことに。
相手はウォーズ初段の "虎王"(ニックネーム) さん。台湾人ですが日本語話せます。とても助かる。棋風が分からない外国人と指すのは面白い経験です。将棋は相居飛車で相手が角道を止めて相矢倉の展開に。そして角を交換し、私の方から角金交換をして力戦模様に。その後、飛角交換をして、向うに飛車2枚、こちらに角2枚。駒割は互角。その後、かなり攻め込まれて私の玉は必死に。しょうがないので分からないものの詰ましに行って、25手ぐらい掛けて何とか詰ませる。多分、向うが1手間違えたので詰んだと思う。こっちの想定した変化で進んでくれて助かった・・相手が間違うように指すのも将棋ですね(汗

その後は2枚落ちの上手や2面指しの上手で対局する。(まじかよー)
2枚落ちの上手の定跡なんて、全く覚えていない。きっちり攻められて全て負け。
手筋などはしっかりしている人が多いように思いました。


右端は私と対局中の呉さん。日本に6年いたことがあります。日本語も堪能。
手厚い将棋を指します。寄せの力がつけば強くなれると思います。

 
将棋講師の張家瑋さんによる講座。中国語なので全く分かりません。
張さんは日中通訳も仕事としています。


お土産に持って行った SSF 色紙を紹介する黒崎支部長。 
石田四段も三段時代に来たことがあるよ。ということで SSF の色紙を見て嬉しそうです。
(SSFサイン入りのTシャツも持っていきましたよ)

ということでみっちり5時間将棋を指して結構疲れる。

現地の方と沢山話をしましたが、支部の若い人はみんな将棋ウォーズをやっているそうです。
プレミアムを購入している人も多いようです。私は1日3局で満足しているのにww ちょっと反省です。台湾ユーザーに感謝ですね。
来月に台湾の仲間たちでウォーズを使って大会をするようですよ。
林社長、台湾に応援しに行ってくださいw

台湾は飯も美味いし、みんな親切だし楽しい。

今日も疲れた!


明日は一日中国語レッスンに行きプレゼンの準備です。
月曜日に私は中国語でプレゼンできるのでしょうか?いや、今のレベルでは無理なので自己紹介だけは何とか中国語で。いやー中国語難しい。

あと、ねこまど名刺も間に合ったので渡してきました。今度はねこまど軍団で台湾訪問ですね。

PR