@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第29期女流王位戦 開幕局 大盤解説会に行ってきた

(仕事の用事を作り何とか札幌へ)

彼女の将棋を観なければならない。

奨励会を三段で退会し、女流棋士一本となった里見香奈 女流王位。今回防衛するとクイーン称号を得る。
LPSA に所属し着々と実力をつけてきた渡部愛 女流二段。タイトル初挑戦。

両者とも苦難の道を歩んでおり、今回のタイトル戦は象徴的な意味を持つ。
一つのチャレンジが終わり次のステージに立つ里見香奈。今回のタイトル戦が次のステージへのステップとなるであろう渡部愛。
だからこそ、私はこの歴史に1ページとなる日に同じ場所で何かを感じ取ろうと思った。

第29期女流王位戦の開幕局は、渡部の故郷である北海道で行われるということも大きい。
北海道出身の私は、今回ばかりは渡辺女流二段を応援しなければならない。Minerva (LPSA ファンクラブ)には入っていないが、同郷の棋士・女流棋士は常に視界に入っている。

北海道には大地の力があると昔から言われている。
北海道に地に降り立つと、広い台地と澄み切った空気からパワーを感じる。この力が、渡部の将棋に良い作用をもたらすに違いない。

5月9日 朝 薄曇り 
東京と違い、札幌はまだ寒い。早朝や夜は気温10度を下回る。シャツ1枚では寒くコートが必要だ。湿気の少ない済んだ空気は、直接的には肺臓を洗浄してくれ、そして気分的にも心地よさを感じさせてくれる。懐かしい空気感だ。
朝9時に対局は開始されるが、現地大盤解説会は15時から。携帯中継で戦況を確認する。振り駒は歩が三枚で里見女流王位の先手。そして先手中飛車、後手居飛車で戦いが進んでいく。


通称マナスポ:同じ位置から写真を撮影

棋譜 : http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/29/joryu-oui201805090101.html

午後、大盤解説会の会場へと向かう。
開場と同時に100人以上の観客が詰めかけ、終局時には300人を超える。今回に限れば 99% 渡部応援だろう。



残念ながら大盤解説会中の写真撮影が禁止とされたため、休憩中の一枚。

大盤解説会は立ち合いの屋敷九段、聞き手に地元の久津女流二段。加えて、LPSA 代表の中倉さん、帰省中の野月八段、なぜか札幌に遊びに来ていた田村七段が飛び入りで解説を行ってくれる。
野月八段、田村七段共に渡部女流に指導したり研究会をしていたりとのことで、今回も実質応援だろう。

中盤、渡部女流二段の桂馬の成り捨てから激しい展開となり、瞬間的に後手の駒損ながら穴熊の堅さも活かして後手優位に進んでいく。後手から桂馬での角金両取りの局面からは後手がとても指しやすいように思える展開に。ただ、先手は一段目に竜を作り後手の玉に遠方から狙いをつけている。
そんな中、いままで強気で攻めていた後手が 32銀と引き、先手からの43の地点への攻めに対する受けの手を指す。ここで一気に形勢が逆転し先手が優勢となる。将棋は難しい。
以降、棋譜は公式サイトから確認いただけれ分かるが、後手玉は寄りの状態に。

だが、ここで詰めかけた300人強の念力が働いたのか、北海道の大地の力が働いたか、里見女流王位が詰み手順を間違えるという大事件が発生する。
大盤解説会の野月・田村の両先生は、「(負けたけど)良い対局だった。次につながる。」と諦めのコメントをしていた最中のことで、棋譜中継の更新を元に検討を重ねると後手玉が詰まない = 後手が勝つ、ということに気が付き、会場が騒然となる。いや、騒然どころではなく、悲鳴に近い歓声が沸き起こっている。急きょ、(終局に備えて)対局場近くで控えていた屋敷九段も大盤解説会場に戻ってきて、解説に加わり、検討を始める。後手玉はするスルスルと逃げることができ、詰まない! 色々な詰み手順がありそうな局面だけれども、どうやら正解は一つ、23香だけだったようである。

里見女流王位も指してから気が付いたようで、指し手が進まない。
長い時間を費やし、(多分、観念した様子で力なく) 金を打つ。後手はその金を馬で取る。パタパタと進む。あとはどのような終局図にするかどうかだけの問題のようである。

屋敷九段が「ここで飛車を打って投了したらかっこいいね」と言っていた通りになり、114手目の局面で里見女流王位が投了する。


(終局直後の渡部愛女流二段 中継サイトより)

終局後、二人の対局者が大盤解説会の会場に来てくれた。
表情が硬いままの渡辺女流二段は、「中盤は難しく、はっきりと悪手を指した局面もあり苦しかった。次局もご注目頂けるように頑張ります。」と控えめなコメント。
里見女流王位は、「最後の方で、うーん、絶対に詰まないですよね?」と表情柔らかに、吹っ切れたかのような軽い笑顔も見せながら、詰みを逃したことを悔いているよう。「里見さんが詰ませられなかったら、ここにいる誰も詰ませられなかったと思います。」という屋敷九段からの優しいフォローにも、里見女流王位は笑顔で、続けて「酷い手を指してしまい、将棋の怖さを思い知った一局となりました。こんな逆転負けは記憶になく、でも(これだけ明快に間違ったのであれば)切り替えやすいので次も気を引き締めて頑張ります。」と、精神的なショックは無いように見えます。この切り替えこそが強さの秘訣かもしれませんね。北海道で美味しいものを食べて英気を養ってください。


会場を後にすると、外の気温は 8 ℃。北海道の夜はまだまだ寒い。でも、今日は本当に熱い戦いを見ることができた。
今日は渡部愛女流二段の応援、でも、里見香奈女流王位も応援している。
今回のタイトル戦は、どちらが勝っても、人生の節目となりそうなタイトルとなるであろう。だから私は見守りたい。今回の二人の戦いの行方を、女流棋界の新しい未来を。


#大盤解説会
今日も疲れた!
明日は仕事してから横浜に帰るよ!

PR

第76期将棋名人戦・A級順位戦 最終11回戦 現地大盤解説会に行ってきた

 2018年3月2日 金曜日 静岡
青空で晴れ渡り、春を予感させる清々しい朝を迎えていた。

将棋界の一番長い日」と称される A級順位戦の最終対局日は、千駄ヶ谷の東京 将棋会館ではなく、静岡市 浮月楼で全5局が指される。名人挑戦の行方は未だ決していない。しかも対局の勝敗によっては最終対局を終わっても決まることが無い。期待と緊張が織り交ざった異様な空気は将棋ファンの間にも広まっていた。これほどまでに星取表を眺めて夢想する時間が多かった日々は無いかもしれない。いろいろな可能性をもったシナリオに、各棋士のファンは様々な祈り方をしていた。
そして、遂に歴史的な一日が始まることとなる。



第76期 A級 順位戦は 11人によるリーグであったため、対局がない抜け番の日がある。
羽生竜王は既に6勝4敗で終え、最終日には対局が無い。
この日はファンサービスのために現地に来ている。午前中は指導対局・サイン会で、その後、名古屋に移動し講演会を行い、再び静岡に戻ってきて大盤解説会で解説をするという超多忙スケジュール。
「ええ、当然、最後の対局が終わるまで見守ります。」と言う羽生竜王。なんというタフさだろうか。


(取材陣のインタビューに答える羽生竜王)


(指導対局とサイン会。ラッキーな人が羨ましい。)


対局はいつもより早い 9:00 から開始する。大盤解説会は 14:00 からで、それまでは各棋士による指導対局やサイン会が行われる。

ファンや棋士達から、ありとあらゆるプレッシャーをかけられる髙見六段。もちろん来月からの叡王戦に対してである。六段のサイン色紙がプレミアとなるだろうか?


大盤解説会では多くの棋士が代わる代わる丁寧に解説をする。
福崎九段はいつも通り場を盛り上げる。解説しない解説がいつも楽しみでしょうがない。上村四段は真面目過ぎて、将棋の解説をしようとする。いや、それは普通なのだけど、ここは台本通りにする必要は無いのですよ。
(中央に寄り過ぎてプロジェクターの光を浴びるものの動じない福崎九段)
    

女性から大人気の斎藤七段はトークも滑らか。再びのタイトル戦登場はいつになるだろうか?

 
環那さんは羽生竜王の解説聞き手を務め、まるで試験を受けているよう。安易に分からないと答えることなく指し手を考える姿を見ると応援したくなる。



森内専務理事は高見6段というおもちゃを見つけて楽しそう。
この日は裏方として忙しそうです。



午後、対局場となっている部屋のカーテンが空けられる。どうやら行方-広瀬の対局場のようである。行方九段の悩ましい顔を垣間見る。


九段先生も続々と。


「次の一手」で2階と3階で同じ回答にするということで、上村四段と高見六段が電話で会話をする。どうせなら両会場ともPC繋いでいるのだから、Skype にして画面にも出せば良いのにね。
その他、設営面はいろいろと改善したほうが良さそうなのだが、こんなに大人数の観客が集まるのも稀だから想定していないことも多いのだろう。


師匠の深浦九段の応援に駆け付けた佐々木大地四段も登壇。師弟愛凄いね。

夜になり各対局の優劣がつきはじめる。
22時を過ぎ、豊島投了の一報で会場の女性ファンの悲鳴が上がる。豊島八段が名人挑戦権を得るには久保王将が敗戦しなければならない。深浦-久保戦は難解。深浦良しから久保逆転の流れという解説に何とも哀しげな声が漏れる。

 
疲れを全く見せない羽生竜王。
解説が本当に分かりやすい。対局者が今何を考えて、どこをゴールにしているのかということを交えながら指し手を解説する。

大盤解説の途中休憩の間、会場に設置された小モニターで渡辺-三浦戦のニコ生中継が放映されている。渡辺棋王投了で見入っていた観客が拍手をする。三浦九段残留が決まる。渡辺棋王の降格はこの時点では決まっていない。深浦九段が負ければ渡辺棋王は残留となる。

最後の大盤解説。
大方の予想通り一番最後まで残ったのは深浦-久保の対局となった。
どちらも粘り強い棋風で簡単に土俵を割ることは無い。観客は固唾をのんで推移を見守る。
久保挑戦かプレーオフか。
深浦残留か降格か。
渡辺残留か降格か。

結果は既報の通り。
最後の最後に久保王将の粘りも空しく、投了となった。

最終局のすべてが終わり、同時に全てが決まった。
「将棋界の一番長い日」は、その日で終わることなく前代未聞の6者プレーオフとなり、名人戦挑戦者の決定は後日持越しとなった。そのプレーオフ初戦は、実質中一日、日曜の対局。王将戦タイトルの最中である久保-豊島である。4月からの名人戦に間に合わせるためとはいえ、棋士には酷な日程だ。

想定されていたとはいえ、本当に6者プレーオフになるとは誰が考えていただろうか。
こんな歴史的な日に現地にいれたことを幸運と思うしかない。
ネット中継を見ていた多くの人も歴史の証人の一人。きっと何年にもわたり、今日の日のことを語り継ぐであろう。

深夜0時をまわり、大盤解説会もお開きとなる。
三々五々、観客は会場を後にする。
ファンの私たちには、まだ楽しみが残されている。プレーオフの行方はどうなるのだろうか?
この激戦を制した挑戦者と天彦名人との戦いはどうなるのだろうか?
羽生竜王名人はあるのだろうか?
佐藤会長名人はあるのだろうか?


将棋界は一昨年四段となった少年が持つ大きな重力で潮流が変わっているのかもしれない。
この不思議な事象を体感するのは今しかない。いずれ大きな流れとなり、それがニューノーマルとなるであろう。
そんな事を考えながら、私も浮月楼を後にした。


来年も浮月楼で最終局が行われるのだろうか?
再び徳川慶喜に会えると思うと楽しみでならない。

(文 @totheworld)


第38回JT杯決勝を見に行ってきた

幕張遠いから全く行く予定は無かったのだけど、ねこまどから手伝いを頼まれしょうがなく()幕張へ。
案の定、手伝い(子どもの相手)が忙しく、ほんの少しだけ観戦。


将棋を知らない人にこの写真を見せてみたい。


想定内だが対局開始時間は1時間遅れ。


気合みなぎる豊島八段

 
スターウォーズの CM でしょうか?

決勝対局中は、ほぼ撤収作業でほとんど見てません。
一応、最後まで見届けて荷物を積んで四谷まで。

とにかく子どものパワーに押されっぱなしでしたが、楽しかったのでそれも良し。
今日も疲れた!

第5回 tvk ハウジングプラザ横浜 将棋まつり に行ってきた

今年で5回目。
いつも天気が良い。おかげで日に焼ける。

棋士会会長となった中村修九段

今年は長沢女流の歌謡ステージから始まる。
持ち歌に加え、tomorrow (岡本真夜)、いい日旅立ち(山口百恵) も披露する。
高橋真梨子なども歌うようだが、今井美樹のポップなナンバーが良いように思う。

あとで話を伺ったら「青空の下で気持ち良かった。もっと歌いたい。」とご満悦のようです。

席上対局の上田初美女流三段と室谷由紀女流二段

上田さんはいつも将棋を楽しそうに指す。
子育ても大変だと思うが、充実しているように感じる。


対局に負け不満気な室谷さん

  
幻となった第75期A級順位戦の再現か?


サイン色紙を1枚ずつ丁寧に認める三浦九段
常にまっすぐだ


理事になった森内九段
任期は5月29日から2年間


NHKでお馴染みの藤田綾さん
声を聴くたびに今日は日曜日だったか?と思ってしまう


対局中の室谷さん もう一枚


サイン中の室谷さん
メグ・フォスター(若いころ)に少し似ている
グリーンかブルーのカラコンを入れてみて欲しい。きっと似合う。

今回は指導対局の抽選には外れ終了。
仲間と横浜に飲みに行く

今日も疲れた!

第10回世田谷花みず木女流オープン戦 に行ってきた

GW には色々な将棋イベントがある。
このイベントは写真を撮影できるタイミングが3回しかないので、ざっくり報告です。

世田谷花みず木女流オープン戦は、若手女流棋士の登竜門とも言われており、かつての優勝者はその後に活躍をしている。
詳細は連盟のホームページをどうぞ↓
https://www.shogi.or.jp/match/unoffi_match/hanamizuki/

去年も見に行ったが何かの都合(忘れた)で途中退出したので、今年は最後までしっかり見ることにする。

今回の目当ては、女流棋士になった里見 咲紀 女流初段
数年前にマイナビにアマチュア選手で出場しているときに、ちらっと見たことがある。数年経って少し大人っぽくなったようだ。

身長は 165cm と長身。
15cmはあろうかという厚底ヒールを履いており、すらりとしている。


父親が棋士で師匠という二人。
毎回書くが、飯野愛ちゃんはリスのように可愛く倉科カナに似ている。


決勝進出で着物に着替えた二人
決勝で負けた塚田さんは師匠に怒られると反省気味だ。

 
優勝は渡部愛 女流初段
2局とも安定してブレない内容の将棋だが、表彰式では2回転びそうになるというお約束。

全3局、モバイルでも中継されていましたので棋譜が気になる方は加入しましょう。
なお、今回は毎回振り駒が行われ、全て「と金3枚」だったように思う。

その後、トークショーがあり17時ぐらいに終了。
大満足の一日となりました。



ステージ中央に飾られていた書は関根金次郎十三世名人のものでした。
「戦一此在」
中国語で書くと、战一此在 (zhan yi ci zai) となる。何か出典元はあるのだろうか?

今日も疲れた!




第6回 女流棋士の知と美 を手伝う

朝8時に横浜から車で出発し、ねこまどに荷物を取りに行く。
私の小さな車(コルト)では入りきらず、四谷のねこまど、新宿紀伊國屋ホールを再往復。

女流棋士の知と美というタイトルは島九段が命名したらしい。
棋界の華である女流棋士が着物で対局するという舞台である。だから会場も劇場を使う。
そんな色鮮やかなイベントであるにも関わらず、売店を覗くと色紙と扇子という何ともクラシックなフォルムをした物しか売られていない。クラシックと言えば聞こえはいいかもしれないが、つまりは時代遅れということである。対象の顧客層を考えれば、別にそれでいいじゃないかという声も聞こえるのだけれども、私としてはどうしても納得がいかない。ということで、いくつか物販で商品を売らせてもらう事にした。

そんな訳で、搬入を終えた後は荷解きと商品作成で時間を費やす。
それ以外にも細々と頼まれ仕事があったりと開場するまであっという間だ。

じゃあ、何を物販したかったのかというと、それは写真である。
本当は欲張って、私が撮った写真を売りたかったのだけれども一人では無理なので、雨続さんの写真を使わせてもらう。彼はあらゆるシーンの将棋イベントの写真を撮り慣れているので、任せておけば必ず良い写真が出来上がってくる。

ということで、私が楽しむ時間はほんの数分間。
関係者特権で、舞台袖から写真を撮りました。この2画角のみ。各数枚程度。

 
真剣な眼差しの二人を、舞台袖から司会の戸塚さんが同じぐらいの真剣な眼差しで見つめている。
「どっちが勝ちそうなんですか?」
「これは室谷さんが勝ちそうですね。」
きっとこの後の進行を考えているのだろう。頷きながら、また舞台に視線を戻す。
 
 
室谷さんが最後の観客に色紙の揮毫を終えたのが 23:10。
彼女は長野県松本市での仕事を終えて紀伊國屋ホールに着いたのは 16:30。
23:45 に紀伊国屋ホールを後にしている。松本で貰ったというお土産の長芋を大事そうに抱えながら。
「それ牛蒡ですか?」
「いえ、松本で頂いた長芋です。」
とにこやかに答えながら、雑多な人混みの新宿の雑踏を颯爽に去っていった。
深夜の新宿の路地裏で見た長芋とスタイリッシュな室谷さんのギャップは、私の記憶に深く刻まれるだろう。

全ての荷物を回収し、車に乗せてねこまどまで持っていき、自宅に帰り着いたのが 1:20。
横浜は少々遠いのだ。
ラジオでは私が好きなエルビス・コステロの小特集で Watching the Detective が流れていた。私の今の気持ちは、この歌よりも Everyday I Write the Book だったが、ラジオから流れることは無かった。

そう、物販のお礼を言わなければならない。
私が絶対に売りたいと思っていた、「当日の写真+フレームにサイン」は飛ぶように売れた。
その日の舞台写真を、その日のうちに、しかもサイン入りで、かつオシャレなモノ。というのは、私が知る限り聞いたことが無い。
普通のカメラマンなら、写真をじっくり選定し、修正して、紙質に合うように再修正してから世に出す。修正していない写真は化粧をしていない顔のようなものだ。だから、プロに頼むと絶対に無理。雨続さんはプロじゃないから、その辺もOKだ。我々は機動性重視なのだ。
購入された方は、ぜひ、家の中に飾ってほしい。

ちなみに私はノーギャラですw
でも、これが私の応援するスタイルなのです。
色々な形で将棋界を応援する方法があると思っています。
300万円で名人との対局権を購入するとか、私にはできませんから。

あー、本当に疲れた!