@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

第19回 京急将棋まつり 初日に行ってきた

山の日で祝日の8月11日(金)
第19回 京急将棋まつりに行ってきました。

午前中は大会に参加する子供が大勢で大混雑。
午後は予選敗退の人たちがいなくなり、幾分、余裕ができました。

「 新鋭の実力拝見 」と題して、中村修九段 vs 佐々木大地四段が行われます。
若い人と対局するのは大変だと言いながら、中村九段は気合が入っている模様です。


「中村九段は若手キラーですからね。」
 
中村九段(先手)が雁木模様から際どい受けを連発し、最後は快勝です。強い。

佐々木大地四段

中村一門

次は謎の「詰め将棋クイズ」

「藤井四段より数倍遅いです」という森内九段

自ら問題用紙を配る中村九段。その様子がおかしくて笑ってしまいます。

森内九段と佐藤九段は終始楽しそう。
ルールは、「詰将棋」があり、その図面から駒が一つ消えている図面を渡されて、何が消えているのかを予想しつつ、詰将棋を解くというもの。

考える伊藤沙恵女流二段、その後解答を色紙に書きます。

玄人好み過ぎて、詰将棋自体を楽しめませんが、先生方が3人並んで考えるという写真が撮りやすい構図に満足です。
(運営がスムーズじゃないので、中村先生、今度手伝いましょうか?)

次は、香川愛生女流三段vs伊藤沙恵女流二段の対局。
香川女流は今期調子が良いが、直近の両者の対局では伊藤女流の勝ち。(女流名人リーグ)

「同い年ということで意識していると思います。席上対局とはいえ、負けられないでしょう。負けたら1週間ぐらい嫌な気持ちになります。」と二人を煽る永瀬拓矢六段。



香川女流の先手で対局が始まる。

香川さんと伊藤さん
対局は香川女流の巧みな攻めが決まり勝ち。

ちょっと笑った感じになるのは、悪手を指した後の反省の顔ですな。たぶん。
(伊藤女流が負けるパターンはバランスが悪い将棋になった時のように思う。本譜も左銀の活用が無かった。)
本局は残念でしたが公式戦では勝ちまくってください。

三浦九段-永瀬六段の対局中に、佐々木四段の指導対局を受けていたので見ていません。
遠くから盛り上がっているのが聞こえました。
(そのため三浦九段の写真ありません)


最後、抽選会がありましたが私は外れてションボリ。

ということで朝から晩まで久しぶりに将棋まつりを楽しみました。

最後にこの二人のアップを。
 
その他、重複するような写真はツイッターに流します。

今日も疲れた!
明日も行くかも!
PR