@totheworld 忍者ブログ

shogi@totheworld

第2回電王戦を機に将棋を指すようになりました。棋力は全く上がりません。 主に大盤解説会の話題。

ねこまど将棋教室 : 三浦九段講座 / 級位者大会 に行ってきた

三浦弘行九段 講座「実戦に役立つ手筋や格言」
http://nekomadoblog.jugem.jp/?eid=765

「第10回記念!ねこまど級位者大会」
http://nekomadoblog.jugem.jp/?eid=756


午前中は三浦九段の講座です。
将棋の格言と、実戦で実際に現れた局面の解説を行います。
「歩切れの香は角以上」「矢倉に端歩は突くな」「不利な時は戦線拡大」「角交換に5筋は突くな」
「同じ駒はたくさん貯めるな」などなど。

「不利な時は戦線拡大 / 4枚の攻めは切れない?」
これは昨年の電王戦 三浦 - GPS を例にとって、"思い出したくもないんですけどね" と言いつつも、なぜ GPS の 3枚の攻めが切れなかったのかについて、丁寧に解説頂きました。


続いて「序盤は飛車より角」についてですが、これが当てはまるのは横歩取りと早石田だけ、ということについて、先日の名人戦第1局を例にとって解説します。相掛かり序盤早々に角と飛車の交換があり、森内名人が受けのために自陣飛車を打ったという将棋ですが、三浦九段の見解では、先手持ちとのことです。ただし、アマチュアはあの感じの将棋は指さない方が良いですよ、とのことで、全くその通りです。相掛かり怖い。

さて、今回の講座ですが、参加者は女性の方が多く、さすが三浦九段です。
三浦の M は、モテの M です。

サインを頂き大満足。


午後は級位者大会に久しぶりの参戦です。
私は全て居飛車。
 ① 四間飛車 × (受け間違って小学生にボコボコにされる)
 ② 向かい飛車 〇
 ③ 中飛車 〇
 ④ 角落ち(下手) △
 ⑤ 角落ち(下手) 〇
 ⑥ 飛落ち(上手) 〇
結果、4勝1敗1分で準優勝を頂きました。
ねこまどさんの大会は総当たりではなく、また、手合いに応じた対戦なので上級者との対戦でハンデを頂いたのが運良かったようです。
賞状と賞品の駒を頂きました。ありがとうございます。



今日も疲れた!
PR

ねこまど将棋教室 4/19(土)屋敷伸之九段 講座・指導対局 に行く

4/19(土)屋敷伸之九段 講座・指導対局

前日の中村大地六段との対局終了が 0:11 にも関わらず、朝から朗らかな屋敷先生で、寧ろ、私の方が朝から疲れてる感じです。
今日は講座、指導対局 (15:30-) を受けてきました。

「駒落ち将棋、指導対局について」
講座は、まさかの裸玉・駒落ちからの解説です。九段の先生が、ここまで親切なのには驚きです。
その後、本当に丁寧に解説が進み、2枚落ちには行きつきませんでした!
ただ、最後に少しだけ質問コーナーがあったので、2枚落ちで定跡を外して上手が33に銀が出た形で苦労しているので、どのように攻めるべきかの方針をお伺いしたところ、変化筋も含め、優勢な局面まで解説してくださいました。
 - 角のラインを生かすために56歩を先についておく
 - 銀を捨てて角で11の香を取り、歩切れの筋に香を打つ
 - 左美濃にしておく

 



ということで、サインも頂き、偉大な北海道の先輩とのツーショットです。感激です。

午後の指導対局は、指定局面ではなく、2枚落ちです。
90分があっという間で、考え過ぎて、最後に時間が無くなってしまったこともあり、以下の局面から数手進めて(53金、72王、64桂、83王、72銀、98王)、私の方で投了しました。
もう飛車角切って、馬ができ、飛車も打たれて、金も取られそうだし、もう絶対ムリと思っていたからです。




ところが、ここはまだまだ下手がやれる局面で、64桂は少し指し過ぎで、54銀ナリでじわじわいくか、一回、59金引くで受けておけば、まだまだ余していて、上手は下手に駒渡せないしで、優勢ですよ、と教えていただきました。
なるほど、級位者は無理な斬り合いをしちゃったり、受けが分からなかったりで、シーソーゲームになりがちななのは、こういうことだったのですね。
こういう局面で正しく指せるようにならないと、初段にはなれませんね。

屋敷先生は、本当ににこやかで優しくて、しかも同郷だし、ますますファンになりました。

今日も疲れた!


2/15(土)森下卓九段 講座・指導対局会 @ねこまど に行く。

2/15(土)森下卓九段 講座・指導対局会 に参加してきました。

前日は例の大雪で、翌朝の交通事情も順調ではなく、私も普段の倍の時間を要してようやく四ツ谷に着きました。今日は来ることができなかった方も多く居たようです。

ビルの入り口にも雪が残っています。
ねこまど

少人数での講座が始まります。
森下先生が小4の正月に将棋を覚えて、曽根将棋クラブで下村先生に鍛えられたエピソードから、駒落ちの考え方についての説明がされました。

以下、自分のための備忘録です。
[六枚落ち]
- 数の原理をしっかり分かること
- 上手に理想形を作らせないようにすること
- 自分で手筋を発見できるようになると良い
[二枚落ち]
- 将棋の原理が分かるので、しっかり勉強すると良い
- 定跡暗記ではなく、何故そう指すかを覚える
- どの駒が重要なのかは、頭の中でその駒を外してみると良い
- 下手からは上手の遊び駒(2筋の銀など)に対して仕掛けをしない (遊ばせておけ)

というようなことを盤面を使いながら、懇切丁寧に解説していただきました。

サインとともに記念撮影。電王戦記者会見で配布された団扇を持っていきましたw
森下九段が「それ恥ずかしいんですよね」と言いつつも、私はかなりな笑顔wwww
森下九段  
 
そして、今日はさらに午後から指導対局も受けました。
その前に腹ごしらえ。
 
いつも混んでいる かつれつ四ツ谷たけだ にて、ポークとんかつ定食。
カツですが軽い食感で美味しいです。

指導対局は、2枚落ちで教わります。
定跡は外して、激指が駒落ちで良く指す右四間を採用します。

途中、何度かヒントを出していただきながら上手投了まで進めてもらいました。
(銀桂損しつつも玉から守りごまを外し、角を切り、龍を作って受け無しの局面まで)
感想戦にて、「激指が良く指す形なんです」と自白。「へぇ、こういう形を指すんですねぇ」ということで、電王戦には何の役にも立たないかもしれませんが、話題提供ということで。

少しだけ時間があったので、もう1局指しますが、定跡の二歩突っ切り風の出だしから、四間飛車にしてみましたが、うまく指せず。
相手の守り駒の位置関係との駆け引きが宜しくないようで、これも修正ポイントを丁寧に教え居ていただきました。
どうも石田流三間飛車的な指し方の感覚が分からないので四間にしたのですがダメダメですので、勉強しないとならないです。

今日の講座は、いつも以上に勉強になったように思いますし、森下先生の大ファンになりました。
頑張って四ツ谷まで来た甲斐がありました!
疲れた!

12/28(土) 第5回級位者大会に参加

ねこまどの第5回級位者大会に参加しました。
http://nekomadoblog.jugem.jp/?eid=677

① 居飛車穴熊(I氏) に対して、矢倉。相手を穴熊に組ませてしまって後悔するものの、自玉も逃げ道を作り、相手の見過ごしもあり勝ち。
②四間飛車(S氏) に対して、船囲いから右銀で攻めていくものの、攻めが伸びきってしまった感じで、且つ抑え込みができずに負け。
③中飛車(S氏) に対して、舟囲いにするが、自分から角交換してさらに苦しくなり、防戦一方で負け。

ということで、1勝2敗。まるでダメな大会となってしまいました。
感想戦では、まどか先生が詰みチェックをしてくれたり、良い点悪い点も分かり収穫もありました。①、②はとくに熱戦で、楽しい一日となりました。

そろそろテーマを設けての勉強方法に変えた方が良さそうです。
現状、得意系にならないと勝ちに持ち込めません。なので、序盤や、相手の陣形に対する攻めと守りについて専門書を読んだり、あとは来年は道場にも行ってみようかと思います。

今年から将棋を指し始めて、現在、7級ですが、1年楽しく続けられたということで目標は達成です。
来年は初段になって、森内名人・竜王の署名入り免状を申請できるといいなと思います。

佐藤紳哉六段 初心者講座「一局の勝つまでの流れ」


ねこまどさんの教室に行ってきました。
本日は、サトシン(光っている方)先生です。

"桂" の正装でしたが、暑いということで変身します。


サトシンメソッドで確実に強くなるとのことで、①~④のポイントを丁寧に説明いただきます。



色紙には、あのフレーズを書いて頂きました。


第3回 電王戦での活躍を期待しています。


広瀬七段穴熊と大会 @ねこまど

NHK杯で渡辺竜王を打ち破り、B1でもトップを快走する広瀬七段の穴熊講座。
穴熊に囲うことはできるが、バランスがまったく分からない私にとって、変化手順も含めて直接聞くことができるプロの講座はとても勉強になる。
今日メモした言葉。
 -一段竜から21の地点を狙う
 -何で受けるのかを決めておく(28の玉コビンに対して)
 -金を渡したくない(金を切らせて守りにくくさせる)
 -歩でとまると損(飛車の横利きに対して)
 -55角が自然に打てる展開


ということで、書籍にサインを頂きました。嬉しいです。
そのほか、NHK杯の感想戦は怖かった、王座戦は太地六段が奪取と予想など、こぼれ話も。

続いて午後から将棋大会です。
 ×①横歩取りから受け間違いボロ負け
 ○②対三権飛車、相手の序盤の隙を突き完勝
 ○③対中飛車、船囲い+引き角から飛車を5筋に移動させ、駒を多く交換して美濃を攻略
 △④対四間飛車、お互い詰み筋を逃し、時間切れで引き分け判定
ということで、2勝1敗1引き分け。
盤駒を使って人と指すのは面白いのですが、熱中しすぎて疲れました・・・

 


☆ねこまど将棋教室
四ツ谷校
10/14(月・祝)【広瀬流穴熊 終盤の極意】
10:30~12:00 講師:広瀬章人七段
受講料4000円

10/14(月・祝)【オフィス移転記念!!ねこまど将棋大会☆】
13:00対局開始 15:30表彰式 16:00終了予定
対象:一般(有段者 / 級位者)
参加費:2000円


ねこまど株式会社 (新オフィス)
東京都新宿区三栄町17 V四谷ビル4階